体の悩みに役立つヒアルロン酸|理想のボディに近づける

女性

胸を大きくする治療とは

美容整形

豊胸手術

美容外科クリニックに行くと、貧弱な胸を大きくするための手術を受けることができます。一般的に豊胸手術という名前で呼ばれていますが、現在行なわれている豊胸手術の方法は大きく3種類に分けることができます。それは、人工乳腺バッグ挿入法、ヒアルロン酸注入法、脂肪注入法の3つです。豊胸手術と聞くと、胸にプロテーゼバッグや生理食塩水バッグを埋め込む手術を連想する人が多いですが、近年ではヒアルロン酸注入法や脂肪注入法による豊胸手術を受ける人が増えてきています。どの方法にもメリットとデメリットの両方がありますので、これから豊胸手術を受けるつもりでいる人は、手術の特徴の違いを事前によく検討してみるようにした方がよいです。ごく最近になって、患者の体から採取した血液を充填材の材料にする豊胸手術も登場してくるようになりました。これは、最先端の皮膚再生医療の理論を応用した方法で、現在、各方面から高い注目が集まっています。ただし、この方法による豊胸手術を行っているクリニックは全国的に見てもごく一部に限られていますので、実際にこの方法で豊胸手術を受けた人はまだ少ししか存在していません。現在、一番高い人気を集めているのは、ヒアルロン酸注入法による豊胸手術です。この手術による豊胸効果に永続性を期待することはできませんが、気軽に利用できる方法であるため、多くの人がこの方法で豊胸しています。また、他の方法に比べてリーズナブルな料金設定になっている点も人気を呼ぶ理由の1つになっています。

今後の豊胸手術

今後の豊胸手術は、体を切らない方法が主流になっていくのではないかと考えられています。先程あげた3種類の手術方法の中で、この条件を完全に満たしているのは、ヒアルロン酸注入法による豊胸手術だけです。人工乳腺バッグ挿入法の場合は、改めて言うまでもなく人工乳腺バッグを挿入するための傷跡が胸に残ってしまうことになります。また、脂肪注入法の場合は胸にメスが入れられるわけではありませんが、脂肪吸引を行った部位にメスによる傷跡が残ることになります。でも、ヒアルロン酸注入法の場合は、体のどこにもメスが入れられません。胸にヒアルロン酸注射を打つだけで済みますので、体に傷跡を残したくないと考えている人にとっては、一番都合のよい方法です。また、体がほとんどダメージを受けない、術後ケアが不要、施術時間が短いなど、様々なメリットがあります。美容整形手術に対して強い抵抗感を持っている人でも、注射を打つだけという手軽な方法であれば、それほど深刻に悩まずに手術を受けることができます。ですので、今後はヒアルロン酸注入法による豊胸手術を受ける人が増えるだろうと予想されています。先程少し触れたように、ヒアルロン酸注入による豊胸効果に永続性はありません。どこのメーカーのヒアルロン酸を用いるかによって豊胸効果の持続期間が変わってきますが、概ね1〜3年で豊胸効果が消失します。しかし、豊胸効果の持続期間を伸ばすための研究が日夜続けられていますので、将来的には現在よりもずっと豊胸効果が長持ちするようになるのではないかと期待されています。