体の悩みに役立つヒアルロン酸|理想のボディに近づける

女性

きれいなバストを作る

鏡を見る女性

希望に合わせたバストに

ふくよかなバストにあこがれているという女性も多いものであり、マッサージをしたりバストアップに効果があるとされるサプリメントを摂取してみたりと努力をしている人もいるのではないでしょうか。しかし、なんとなく大きくなったような感じがする程度で、劇的な効果を得ることはできないものです。美容クリニックの施術なら、医学の力を利用してバストアップをすることができます。美容外科クリニックで行われているシリコンバッグの挿入では、好みの大きさややわらかさ、形に合わせたシリコンバッグを入れてしまうだけで、すぐに大きなバストを手に入れることができます。目立ちにくい脇の下を小さく切開して入れていきますが、手術でもあるためにダウンタイムがあります。数日は仕事を休まなければならないことにもなりますが、半永久的な効果があることから今後はバストに対する悩みから一気に解放されることになります。けれども、仕事は休めないという人や手術をしてまで豊胸をすることに抵抗があるという人もいるでしょう。そんな場合には、ヒアルロン酸をバストに注入するという方法もあります。必要な量を必要な部分に入れるだけであり、短時間の施術でダウンタイムもありません。ヒアルロン酸注入による豊胸は、他の人からは気づかれずに自然な仕上がりになり、レントゲンを撮影してもシリコンバッグのように影が映るということもないので安心です。ただし、ヒアルロン酸は体にだんだんと吸収されてしまうものなので、定期的に施術を受け続ける必要があります。

注意点も理解しよう

ヒアルロン酸注入による豊胸は、シリコンバッグを挿入するような手術ではないことからプチ整形とも呼ばれている手軽な方法です。シリコンバッグを入れた時のような大きなバストをいきなり作るということはできませんが、効果的にバストに入れることによってよりバストを美しく見せることができます。バストが左右に離れているという人であれば、左右のバストのそれぞれ中心部分だけに注入すれば谷間を作ることができ、年齢とともに下がったバストにハリを持たせたいのであれば、バストの上部に入れることによってデコルテ部分もふっくらと見せることができます。他にも、左右のバストの大きさが違うという人には、小さい方のバストにだけ入れることで左右のバストのバランスを良くしてきれいに見せることができます。ヒアルロン酸は、アレルギー反応が発生しにくい成分でもあるので安心という面もありますが、場合によってはトラブルが発生するケースもあります。ヒアルロン酸注入による豊胸のトラブルとして多く聞かれるのが、バストがかたくなってしまったということです。これは、多量なヒアルロン酸を一度に注入することによって発生することもあり、また使用しているヒアルロン酸の種類によっても違うとされています。自分の体には、どのくらいの量をどのようにしてどんな種類を使用したらいいのかは経験を積んだ医師ではないと分からないものであり、手軽なヒアルロン酸注入の豊胸と言っても信頼のできる医師のいるクリニックを選ぶことは非常に重要です。